From Founder

世界中の女性達に知ってもらえるように

2015年秋、乳がんのため右胸全摘出手術を受けました。 私自身は、ビキニでサーフィンをすることや、可愛い下着をこよなく愛する、ごく普通の2児の母です。 癌告知から、検査、乳房摘出手術と数々の精神的なダメージがありましたが、 今はそれを乗り越え、自分の力を信じ病気を受け入れ、共に生きることを決意しています。

女性としての象徴である乳房に傷をつけるということは、心にも体にも大きな傷が残ります。

「昔の自分」と比べ「今の自分」を醜く思い、自信を失い、

ファッションへ否定的になり、ポジティブなエネルギーを少しずつ失っていきます。

同情されたり、特別視されてしまうことが一番のダメージであることに、

乳がんになる前は気づくことができませんでした。

死と隣り合わせの病気を経験すると、嫌でも本当の自分と向き合うことになります。

「本当の自分」を認識し、前を向いて歩いていける力を自分自身で生み出していかなければいけません。

ありのままの自分を今まで以上に美しく魅せてくれる「胸が喜ぶ洋服」が、

同じように乳がんで苦しむ女性たちの、輝く第二の人生を

華やかにエネルギッシュにスタートさせてくれることを信じ、このプロジェクトを立ち上げました。

プロジェクトは、乳がんになってしまうことで自信と行き場を失いやすい

女性たちを、ポジティブにファッショナブルに、サポートすることを目的としています。

キラキラと輝く力づよい太陽のような女性に。

伝えたいメッセージは #Hello Sunshine


Hello Sunshine Project 堀内尚子